ニキビ跡の前のケアが一番大切です。


ニキビ跡になってしまってからスキンケアに気をつけるのはもちろんですが、その前の、大人ニキビの段階でしっかり予防ケアしておく事が一番重要です。
ですがニキビ跡になる前にしっかり予防できる人は少ないですよね。

 

そこで保湿の効果が予防になる、とっても素晴らしい乾燥対策をオススメします。

大人ニキビと思春期ニキビの違いはお肌の乾燥

10代半ば頃ピークを迎える思春期ニキビは、主にホルモンによる過剰に分泌が原因ですが、20代半ば以降にできる大人ニキビは肌の乾燥を伴うことが殆どです。
ですのでケアの仕方も、思春期ニキビと大人ニキビでは異なるものになります。

 

 

まず、思春期ニキビはとにかく洗顔することが大切です。ニキビ肌用の殺菌効果のある洗顔料を使用して、朝晩しっかり洗顔する必要があります。
また、ニキビ肌用のさっぱりして殺菌力のあるローションなどは、肌を清潔に保つために使用します。
20代半ば以降にできる大人ニキビは乾燥により皮脂が過剰に分泌している場合があります。

 

 

その際には思春期に使用したようなさっぱりしたローションだけでは役不足なので、しっかり保湿できるローションや保湿美容液を併用すると効果的です。
クリームや乳液など油分の多い化粧品はニキビ肌には敬遠されがちですが、大人ニキビの場合には、保湿した水分の蓋の目的のためにも、クリームや乳液を使用する必要があります。

 

 

その際もできるだけ肌に合った、大人ニキビ専用の商品を選ぶと間違いないでしょう。

 

洗顔をしっかり行うことは、どのニキビでも共通ですが、保湿力不足でできる大人ニキビには、まずは保湿して、過剰な皮脂の分泌の原因を改善することが大切です。

 

つまり保湿とはニキビ跡ケアと大人ニキビケアの両方の視点から見ても大切なのです。